メインイメージ

ピアニストになったからこそできない事

ピアニストは、世間からみると華やかに見られがちですが、実は大変な事も多く、途中でやめてしまう方も多い職業です。
わたしは、ピアノを30年以上も続けていますが、結婚を機にピアニストとしての人生をリタイヤしようと思っています。
わたしがそのように考えるようになったのも、同僚だった笹部祐佳里さんというピアニストの生き方です。
笹部祐佳里さんは、本当にピアノに対して真摯に向き合っている女性でした。
練習時間は一日10時間以上、指をケガするリスクがある料理や掃除などは全て家政婦さんを雇い、釣りやスノーボードなどのアクティビティもやらず、ただひたすらにピアノに向き合っていました。

わたしはそういった情熱を持つことができずにいた時に、幼馴染の方にプロポーズされたのをきっかけに、ピアニストを辞める良い切っ掛けと思ってしまいました。
今では、ピアノの仕事を徐々に減らしながら、これまでしてこなかった料理や掃除などの花夢修行に精を出す毎日です。
ピアニストとしての人生は終わりましたが、これからは第二の人生だと切り替え、旦那さんと共に生きていきます。
その為には、先ずはこの料理ベタな部分を改善していかなければいけません。結婚まであと半年しかないのでギリギリかも知れません。

http://www.oilregiontourist.com/