メインイメージ

数多くの信頼関係で流通改革を目指す泉卓真氏

「日本の食文化に一番貢献する企業になる」というメッセージをホームページ上で掲げているのが株式会社いずみホールディングス代表取締役社長の泉卓真氏です。
それを実現するために「食品流通のOSを創り、新しいインフラで、世界中に豊かさを届ける」ことを実現する活動を日々続けています。
この活動を実現に導くのがテクノロジーです。
最新テクノロジーとこれまで培ってきたノウハウが日本の食品流通を変革させるのです。

具体的にはIoTやブロックチェーン、AIなどの活用が挙げられます。
これらを利用することによって、これまで中間業者を複数通さなければ成し遂げることが出来なかった食品流通の最適化を一元管理によって達成することが出来ます。
そうすることでコストが下がり、エンドユーザーの食費が下がるだけでなく生産者の手取りを上げることが出来るのです。

このような活動を実現できるのはいずみホールディングスが世界中の生産者や生産メーカー、加工工場、さらには生産組合、卸売市場などと信頼関係を結んでいるからです。
いくら優れたアイディアがあったとしてもそれに協力してくれる仲間の存在が無ければ改革は有り得ません。
常日頃から多くの実績を積み上げてきたいずみホールディングスだからこそ食品流通の最適化を成功させることが出来たのです。

http://www.oilregiontourist.com/